価値を向上させる

リノベーションで物件の価値を向上させる

老朽化した建物をリフォームして新しくする方法がありますが、リノベーションを施して建物を生まれ変わらせる方法もあります。リフォームは建物を新築のようにすることですが、リノベーションは大規模修繕ですので全く異なる建物に変えてしまい、物件価値も新築時以上のものにします。 安い中古物件を購入してからリノベーションを施すことにより、新築物件を購入するよりも費用を抑えることも可能です。 また物件の売却を検討している際にリノベーションを施すことも有効です。売却前に改修することによって物件の価値が高まり高額での売却が可能となります。しかしその際の注意点としては、リノベーション費用をどこまで物件価格に転嫁するのかと言うことです。あまり売却価格が高額になり過ぎても買い手が見つかりませんし、費用を転嫁しなければ売却益が減少してしまいますのでよく検討する必要があります。

工事費用の相場とコストダウンについて

リノベーションとは大規模修繕ですので、費用もそれなりにかかります。もちろんどの程度改修するかによって金額は大幅に違ってきますが、大体の相場は知っておきたいです。 500万円ほどの費用をかければ、物件をスケルトンの状態にしてから間取りの変更が可能となります。部屋を広くしたり、水道工事を伴ったお風呂の改装なども出来ます。 800万円ほどの費用負担では、一軒家の増築も出来ますし、マンションではデザインの変更も可能です。 1000万円の費用では物件の耐震補強や外壁の改修、断熱効果を高めたり、騒音対策を施したりすることも可能です。 これらの費用を出来るだけ抑えるようにするには、改修ポイントの優先順位を明確にしておく必要があります。優先度の高い箇所には費用は惜しみなく使い、その他の部分はコストダウンするなどの工夫をします。 また出来ることは自分たちで修繕を行うことも良い方法です。費用も抑えられますし、愛着も沸きますので楽しみながら作業することもお薦めします。